日本政治の行く末

日本政治の行く末 · 27日 3月 2020
コロナウィルスとインペリアルカレッジのシミュレーション   2020/03/27 ・英米当局のコロナウィルス対策に大きな影響を与えたものに、インペリアルカレッジ(英国の理工系名門校)のシミュレーションがある。この結果は、日本にとっても意義深いのでここに紹介しておく。興味ある方は、ぜひ原論文をお読みいただきたい。 ・前提:...
日本政治の行く末 · 07日 3月 2020
コロナウィルス3題  2020.03.07 ・コロナウィルス問題が日本でも深刻化しつつある。これに関し、有用と思われる情報を整理しておく。 ・対策に関して、一番明快で、わかりやすいのはフィナンシャルタイムズが米国CDC(米国疾病予防管理センター、Centers for Disease Control and Prevention)等にインタビューした記事だ。 ・要約すると、...
日本政治の行く末 · 23日 2月 2020
原敬にみる政治家としての資質  2020.02.23 ・最近選挙に行くたびに思うのだが、投票したい候補者がいない。筆者は本来やや保守的なリベラルだが、ろくな候補者が居ないため、やむなく一票を投じるのが革新系ではあまりに情けない。...
日本政治の行く末 · 11日 1月 2020
漠然とした不安  2020.01.11 ・年明けの感想として、あまりおめでたくはないが、”漠然とした不安”を取り上げたい。 ・作家の佐々木譲氏は、筆者お気に入りの一人で、道警の腐敗事件を追った警察ものや、第二次世界大戦のエピソードを描いた「ベルリンへの飛行指令」などでなじみ深い。...
日本政治の行く末 · 23日 11月 2019
世界動向を見ていく  2019.11.23 ・INGはオランダを拠点とする金融コングロマリットだが、そこのニューズレターにヌリエル・ルビーニ(Nouriel Roubini)が登場していた。彼はニューヨーク大学教授だが、クリントン政権の上級経済アドバイザーも務め、2008年の世界金融危機を予言したことで有名だ(ウィキペディアによる)。...
日本政治の行く末 · 10日 8月 2019
山本太郎現象と複雑系のレジームシフト  2019/08/10 ・先の参議院議員選挙で山本太郎氏率いる令和新撰組が政党として228万票を取り、世間の注目を浴びた。これは既存の政党、たとえば国民民主党の得票数348万票に比べても、遜色ない数字だ。...
日本政治の行く末 · 03日 8月 2019
レジームシフトとドラゴン・キング現象  2019/08/03 ・日本の政治・経済システムは、メカニカルな安定系ではなく、複雑適応系(complex adaptive system)と見た方が妥当だろう。複雑適応系とは、多様な要素が相互接続することで、全体の挙動が決まる体系のことである。この体系は状況に応じて変化するが、全体の挙動を事前に予測することはできない。...
日本政治の行く末 · 09日 2月 2019
歴史の転換点とジップ法則 2019.02.09...
日本政治の行く末 · 26日 1月 2019
鶴田浩二と特攻   2019.01.26...
日本政治の行く末 · 05日 1月 2019
歴史の進歩との個人の役割      2019/01/05  ・哲学者市井三郎(1922-1989)の著作「歴史の進歩とは何か」は、歴史の岐路に立つ現代においてこそ読まれるべき名著である。  ...

さらに表示する