地球温暖化問題

地球温暖化問題 · 29日 5月 2022
温暖化問題:温度上昇1.5度を超える可能性  2022.05.29 ・温暖化防止をめぐるパリ協定(2015)では、世界の平均気温上昇を産業革命前に比べて1.5度Cに抑えることが長期目標とされた。日本もこれを批准している。...
地球温暖化問題 · 27日 2月 2022
地球温暖化とメタンガス濃度の上昇   2020.02.27 ・メタンガス(CH4)は二酸化炭素(CO2)と並んで温暖化の原因の一つだ。地球温暖化への寄与は2割強と言われている(国立環境研究所)。その温暖化効果は二酸化炭素より強く、温暖化係数(GWP-100,100年間で二酸化炭素の何倍の効果を持つか)は28倍とされている。...
地球温暖化問題 · 05日 2月 2022
山室真澄さんの「魚はなぜ減った」を読む   2022.02.05 ・山室さんの本をタイトルにひかれて読んでみた。すがすがしい印象を持った。...
地球温暖化問題 · 20日 11月 2021
COP26と温暖化問題の行方    2021.11.20 ・COP26(第26回気候変動枠組条約締約国会議)は11月中旬に終了し、その成果をめぐってさまざまな議論が交わされている。 ・ここではジュリアン・アルウッド教授(Julian...
地球温暖化問題 · 12日 9月 2021
化石燃料(石油・天然ガス・石炭)時代の終わり 2021.09.12 ・日本では、菅首相の引退に関して注目が集まっているが、氏が提起した温暖化ガスの2050年排出量実質ゼロの公約はどうなるのだろうか。...
地球温暖化問題 · 31日 7月 2021
米国環境省のクルマの燃費改善レポートと温暖化防止削減目標   2021.07.31 ・アメリカ環境省の「環境省自動車トレンドレポート」は、燃費改善による自動車の温暖化防止技術の進み方を見る上で参考になる。そこではアメリカで販売される主要14メーカーのクルマの性能が詳しく検討されている。2020年版の主要論点は以下の通り。  ...
地球温暖化問題 · 17日 7月 2021
温暖化問題と炭素税の効果   2021.07.17 ・BPのチーフエコノミストのスペンサー・ディールのペーパーを読んでいたら、面白い箇所にぶつかった。 ・彼の説明によると、  *2020年の世界エネルギー需要は前年に比べ4.5%低下し、CO2排出量は6.3%減少した、  *これは炭素税等価にすると、1,400ドル/トンに相当するという。...
地球温暖化問題 · 25日 4月 2021
2030年日本温暖化ガス46%減の意味   2021.04.25 ・日本は最近開かれた気候変動に関する首脳会議で、2030年度に2013年比温暖化ガス46%削減を表明した(日本経済新聞、2021.04.23)。...
地球温暖化問題 · 10日 4月 2021
温室効果ガス濃度の不気味な上昇と日本の進むべき道   2020.04.10 ・最近、2020年の温暖化効果ガス濃度の推定結果がNOAA(アメリカ海洋大気庁)から発表された。...
地球温暖化問題 · 28日 3月 2021
温暖化問題とハイテク企業の役割  2021.03.27...

さらに表示する