日本政治の行く末 · 17日 10月 2021
IT革新と日本沈没  2021.10.17 ・久しぶりに「日本沈没」がテレビドラマ化されたので、ちょっと楽しみに見てみた。しかし相変わらず、若手官僚が危機に目覚めるという、オールドパターンが基調になっており、途中でみるのをやめた。...
経済学の行く末 · 09日 10月 2021
ケインズ・ティンバーゲン論争とその後の展開   2021.10.09 ・ケインズについて知らない人はいないだろう。ティンバーゲンはオランダ生まれの計量経済学者で、1969年にノーベル賞を受賞。 ・ティンバーゲンが国際連盟から委託を受け「景気循環論の統計的検証」を公刊したのは1939年だった。これは世界最初のマクロ計量モデルといわれている。...
IT革新全般 · 26日 9月 2021
OpenAIの進歩とネット空間における自由   2021.09.25 ・OpenAIは2015年に設立された人工知能研究組織で、イーロン・マスク等によって2015年に設立された。ディープマインドの競争相手と目されている。設立目的は人類全体に寄与するような人間と親和性の高いAIを開発すること。...
日本企業のあり方 · 18日 9月 2021
テスラとデロリアン   2021.09.18 ・サイクロン型掃除機や羽なし扇風機で有名なダイソンがEV(電気自動車)に進出を試みたことはよく知られている。 ・最近ダイソンが自伝を書き、なぜ彼が、EV(電気自動車)への進出をあきらめたかが明らかになった(中島聡氏のブログで教えられた)。...
地球温暖化問題 · 12日 9月 2021
化石燃料(石油・天然ガス・石炭)時代の終わり 2021.09.12 ・日本では、菅首相の引退に関して注目が集まっているが、氏が提起した温暖化ガスの2050年排出量実質ゼロの公約はどうなるのだろうか。...
日本政治の行く末 · 04日 9月 2021
PCR検査やモデルナの開発者  2021.09.04 ・今やPCR検査やモデルナワクチンといえば、われわれ素人でも毎日目にする言葉になっている。しかしそれらを開発した科学者のことはあまり知られていない。 ・PCR検査(ポミラーゼ連鎖反応,Polymerase ChainReaction)を発見したのはキャリー・マリス(Kary...
日本政治の行く末 · 21日 8月 2021
コロナ続報:イスラエルの現況 210821 ・今回はコロナ対策先進国イスラエルの現状と日本人のXファクタに関して記す。...
日本政治の行く末 · 14日 8月 2021
コロナショック:今後の見通し   2021.08.14 ・日本でのコロナ感染者数の急激な増加が収まらない。8月13日時点で東京の新規感染者は5,700人を越えたようだ。 ・今後の見通しに関しても、日本の報道は有益な情報(シグナル)とそれ以外(ノイズ)が入り交じっており、切り分けるのが難しい。...
地球温暖化問題 · 31日 7月 2021
米国環境省のクルマの燃費改善レポートと温暖化防止削減目標   2021.07.31 ・アメリカ環境省の「環境省自動車トレンドレポート」は、燃費改善による自動車の温暖化防止技術の進み方を見る上で参考になる。そこではアメリカで販売される主要14メーカーのクルマの性能が詳しく検討されている。2020年版の主要論点は以下の通り。  ...
日本企業のあり方 · 24日 7月 2021
ニッポン鎖国論?   2021.07.24 ・最近、この国は鎖国状態にあるのではないかと思っている。鎖国と言っても、モノの流れではなく、情報の流れだ。つまり世界の動きがいち早く正確に入ってこない感じがする。...

さらに表示する