日本政治の行く末 · 21日 2月 2021
コロナショック:今後の見通し(2021年2月中旬時点)   2021.02.21...
IT革新全般 · 13日 2月 2021
リチウム電池の急進展  2021.02.13 ・最近になってリチウムイオン電池の技術的開発が急加速している。 ・リチウム電池のコスト削減の急所は負極(anode)の材質だが、かなり明るい目途がついたようだ。これに関するイノベータとしては、Sila...
IT革新全般 · 07日 2月 2021
IT革新とソフトの力 2020.02.07 ・中島聡氏のブログを読んでいたら、マーク・アンデュルーセンの「ソフトウェアが世界を食い尽くす」という論文がお勧めだと書いてあったので、今回読んでみた。...
IT革新全般 · 31日 1月 2021
オードリー・タンさんのこと 2021.01.30 ・オードリー・タンさんの名前は日本でもよく知られている。いったいどのような人なのか興味があったので、「オードリー・タン:天才IT相7つの顔」を読んでみた。...
経済学の行く末 · 24日 1月 2021
プログラミングの進化と経済予測 ・最近のネーチャー誌を読んでいたら面白い記事にぶつかった。そのタイトルは、「科学を変えた10のコンピュータ・コード」である。 ・科学の発展にコンピュータがどのような役割を果たしてきたかを、いくつかの画期的なプログラム・コードを軸として論じている。...
IT革新全般 · 16日 1月 2021
壇俊光著、「Winny」を読む ・この本のタイトルのWinny とは天才プログラマーといわれた金子勇氏が開発したP2Pプログラムのことだ。彼はこれを開発したため、京都府警に著作権違反ほう助の容疑で逮捕される(2004年)。この事件は最高裁まで行き、無罪が確定するが(2011年)、金子氏はそれから間もなく病没した(2013年)。...
日本政治の行く末 · 02日 1月 2021
2021年を迎えて  2021.01.02 ・昨年の年頭所感のタイトルは、「漠然とした不安」だった。その直後にコロナショックが日本を襲い、昨年はコロナに明け、コロナに暮れた一年だった。 ・今年はどうなるだろうか。先のことはだれにもわからないが、コロナショックはまだ続きそうだ。オリンピックの開催は、現実的に言って難しいだろう。...
IT革新全般 · 27日 12月 2020
テスラのバッテリー・デイに関して   2020.12.27 ・イーロンマスクは2020年9月22日の株主総会で、バッテリー・デイというプレゼンを行った。 ・これはリチウムイオン電池の将来的な改良に関するロードマップを示したもの。内容がやや技術的すぎるため、あまりマスコミの反響を呼ばなかったが、内容そのものは示唆に富む。...
IT革新全般 · 20日 12月 2020
リチウムイオン電池革命   2020.12.20 ・リチウムイオン電池は、最近のEV(電気自動車)ブームと相まって、技術革新の焦点となっている。ここではシラ・ナノテクノロジー社(Sila...
日本政治の行く末 · 13日 12月 2020
コロナショックの経済コスト  2020.12.12 ・前回のブログでは、ハーバード大学のサマーズ等によるコロナショックのアメリカ経済へのコスト試算を紹介した。...

さらに表示する