日本企業のあり方 · 21日 7月 2018
日米自動車摩擦:アメリカの言い分  2018.07.21 ・最近の報道を読むと、アメリカは輸入車の関税引き上げを行う可能性が高くなってきたようだ。 ・これに対する日本側の言い分は、次の通り。 (1)日本メーカーは、すでにアメリカ国内で400万台弱を生産しており、現地の雇用にも多大な貢献をしている。...
IT革新全般 · 14日 7月 2018
ベイズ定理と宗教的信念  2018.07.14  ・ベイズ定理は、形式的にはわかりやすいが、その直感的意味を理解するのは難しい。しかしベイズ・ネットワークがAIの肝になりつつある現在、その内容をきちんと理解しておくことは重要だ。  ・たとえば、インターネットの父であり、現在グーグル副社長を務めているビント・サーフは次のように述べている。...
IT革新全般 · 07日 7月 2018
ランダム化比較試験について   2018.07.08 ・最近友人が読んでいる津川氏の「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」を見せてもらった。「どの食品が健康に良いか」は、皆の関心事であり、テレビでもいろいろ取り上げられている。この本は、エビデンスに基づいて書かれているため、内容に信用がおける感じがした。...
自動運転 · 30日 6月 2018
自動運転の事故原因について   2018.06.30 最近になって、テスラとウーバーの自動運転車の事故の原因がかなりわかってきた。その記事はハッカデイというブログに載せられたものを、ギガジンが翻訳して示している。...
IT革新全般 · 23日 6月 2018
アラン・チューリングと「イミテーション・ゲーム」  2018.06.24  個人的な話になって恐縮だが、アマゾン・ファイアスティックを愛用している。これはプライム会員用サービスで、wifi環境さえあれば、これを使って映画やテレビの連続ドラマなどをいくらでも見ることができる。...
IT革新全般 · 17日 6月 2018
ハイパーループ実用化の一歩へ  2018.06.17 ・マスクの高速公共輸送システムが、実用化に向けて新たな一歩を踏み出した。彼のハイパーループ開発会社であるBoring Company(2016年末設立。本社はHawthorne,CA)は、シカゴ・インフラ整備信託(Chicago Infrastructure...
日本政治の行く末 · 09日 6月 2018
日本の偉い人?  2018.06.10  既に聞き飽きたろうが、財務省のトップ役人の不祥事が止まらない。財務省の役人と言えば、一応日本のエリートということになっている。それがこのザマだ。これはどう考えればよいのか。...
IT革新全般 · 03日 6月 2018
”西郷どん”とAI(人工知能)   2018.06.03 NHKの大河ドラマ”西郷どん”も、奄美大島での愛加那との出会いを通じてだんだん面白味を増している。これは愛加那役の二階堂ふみさんの熱演も大きく寄与していよう。...
経済学の行く末 · 27日 5月 2018
サービス業の生産性向上?  2018.05.27...
IT革新全般 · 19日 5月 2018
IT革新と政府の役割?   2018.05.19  日本の場合、IT革新というと、すぐに官民協力体制などと言って、政府主導の計画が新聞を賑わす。たとえば総務省がぶち上げたスマート・ジャパンICT戦略などがその典型だ(2014年)。...

さらに表示する