日本政治の行く末 · 18日 9月 2022
大組織における”仕事師”と”政治屋”   2022.09.18 ・誰かに聞いたのだが、大組織には”仕事師”と”政治屋”がいるらしい。 ・”仕事師”は、周りの感情や組織内政治などを忖度せずに、その組織にとって必要なことをどんどん進めていく。これに対して”政治屋”は、組織内政治にうまく立ち回ることを目的として、仕事の成果は二の次になる。...
地球温暖化問題 · 10日 9月 2022
冬を迎えるヨーロッパのエネルギー需要   2022.09.10...
日本政治の行く末 · 04日 9月 2022
中国の人口動態 2022.09.03 ・中国の人口動態はどうなるだろうか。 ・中国の専門家も、中国の人口ピークが間もなく訪れることを認識しているようだ。中国の国家衛生保健委員会は2023年から2025年ごろにピークに達するとしている。他の専門家はピークの訪れるのはもっと早いとみている。...
日本政治の行く末 · 20日 8月 2022
映画「にあんちゃん」をみる。  2022.08.20 ・アマゾン・ファイアで、久しぶりに映画「にあんちゃん」を見た。 ・これは1959年に今村昌平監督の下で作成された映画である。撮影は姫田真佐久、助監督は浦山桐郎という川島雄三、今村昌平、浦山桐郎ラインのメンバーが顔をそろえている。...
日本政治の行く末 · 13日 8月 2022
コロナウィルス:今後の動向  2022.08.13 ・ワシントン大学IHME(保健指標評価研究所)によれば、日本の場合、コロナウィルスによる今回のピーク(死亡率)もそろそろ峠を越えたようだ。 ・それにしてもいつまでこの状態は続くのだろうか。最新の知見を2つほど紹介する。...
IT革新全般 · 07日 8月 2022
機械学習(ML)を使った研究の再現性(reproducibility) 2022.08.06 ・最近は機械学習(Machine Learning)を利用した科学的分析がはやっている。製薬分野から政治学まで、研究者は所有データを機械学習ソフトにかけて予測や構造分析を行っている。 ・こうした普及の一つの原因は、手軽に使える機械学習ソフトが利用できるようになったからだ。...
日本企業のあり方 · 30日 7月 2022
テスラの決算に関して   2022.07.30 ・テスラの2022年度第2四半期の決算が発表された。主要内容は以下の通り。  *売上169億ドル(2021年同期のそれが119億ドルだから1.4倍)。車関係の売り上げが146億ドルと圧倒的に多い  *純利益は24.6億ドル(2021年同期のそれが13.1億ドルだから1.9倍)...
日本企業のあり方 · 23日 7月 2022
IT革新とオープンソースの役割   2022.07.23 ・政治学者ナディア・エグーバル(Nadia Eghbal)の書いた「道路と橋:我々のディジタル・インフラの背後にある見えない労働」はなかなか興味深い。 ・以下内容を要約する。   *現代社会はさまざまなソフトが動くことで成り立っている。...
日本政治の行く末 · 16日 7月 2022
新型コロナウィルスの感染について   2022.07.16 ・新型コロナウィルスの感染者数が日本でも急速に増えている。東京都の新規感染者数は、7月14日には1万人を超えたようだ。...
日本企業のあり方 · 02日 7月 2022
パソコンとともに50年  2022.07.02 ・筆者がパソコンを使い始めたのは、1970年代後半のことだ。マイコンキットのTK80を友人のオフィスで見たのが、1977年だったか。...

さらに表示する