その他

その他 · 28日 7月 2018
真藤順丈氏の「宝島」をよむ  2018.07.28 ・小説現代の特集で、真藤順丈の「宝島」を読んだ。 雑誌に単行本一冊分を収録した大特集だ。  ・少し前のことだが、五木寛之の三部作、「艶歌」、「海峡物語」、「旅の終わりに」の最終作が新聞系の小説誌に一挙連載されたことを覚えている。...
その他 · 17日 6月 2016
「早春のスケッチブック」は1983年にテレビ放映された山田太一脚本のドラマである。最近はBS放送が便利で、昔のテレビドラマを放映してくれる。たまたま見たのがこのドラマであり、初見である。  今から30年以上前に放映された作品にもかかわらず、このドラマは優れた現代性を持っており、胸を突かれた。以下その点を触れてみたい。...