IT革新全般

IT革新全般 · 11日 7月 2020
IT革新とプログラミング   2020.07.11 ・私事に渡るが、筆者はエコノミスト兼プログラマとして日々プログラムを書きながら経済予測に携わっている。筆者にとってプログラムとは、思考実験の便利な道具だ。...
IT革新全般 · 16日 2月 2020
金子勇氏の夢   2020.02.16  金子勇氏については、本ブログですでに取り上げた(「プログラミングの楽しさ」、2019年7月27日)。...
IT革新全般 · 01日 2月 2020
AIとはなんだろうか 2010.02.01 ・最近のことだが、あるエコノミストが、AIの入門本として「予測マシンの世紀」を誉めていた。そこでさっそく読んでみることにした。 ・正直な感想を言えば、筆者には、この本はあまりよい入門書とは思えなかった。その理由を以下に挙げる。...
IT革新全般 · 18日 1月 2020
エッジコンピューティングの時代   2020.01.18 ・最近アップルがXnor(これは本来ブール代数の言葉で、否定的排他的論理和のこと)というスタートアップを2億ドルで買ったことが話題になっている。この会社は2年ほど前設立されたばかりだが、それを巡って、マイクロソフト、アマゾン、インテルが争い、結局アップルが手に入れたことになる。...
IT革新全般 · 04日 1月 2020
5Gとその先  2020.01.04 ・世間はケータイの4Gから5Gへの転換で騒いでいるが、この分野はさらにその先を見据えて置く必要がありそうだ。 ・1947年にRae YoungとDoug...
IT革新全般 · 29日 12月 2019
トム・ウィーラーの「グーテンベルクからグーグルまで」を読む   2019.12.29...
IT革新全般 · 15日 12月 2019
テック・デット(技術的負債)に関して  2019.12.14 ・フィナンシャル・タイムズ紙の”テック・デット”(tech debt)に関する記事は面白かった。これは記者のブラッドショー氏が、数年にわたる米国駐在を経て英国に戻った時の話だ。...
IT革新全般 · 07日 12月 2019
GPIFの外国株貸し付け停止に関して   2019.12.07 ・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は日本の公的年金の運用機関だ。英国のコンサルティング・ファームで保険ブローカーのウィリス・タワーズ・ワトソン(Willis Towers...
IT革新全般 · 30日 11月 2019
「トヨトミの野望」を読む ・すでに読まれた方も多いだろうが、最近「トヨトミの野望」を読んだ。これはトヨタがモデルといわれており、フィクションではあるが、最近の同社の動向をよくつかんでいるという印象を受けた。作者は自動車業界に詳しい新聞記者といわれている。...
IT革新全般 · 16日 11月 2019
グーテンベルクとルター  2019.11.16...

さらに表示する